永田紙業の地球環境にやさしい資源回収サービスを永田耕太郎が説明

需要が高まりつつある古紙を中心に、資源回収サービスを展開している永田紙業をご存知でしょうか。永田紙業は永田耕太郎が社長のリサイクル業者で、他にはない独自の技法で高い注目を集めているのが大きな特徴です。リサイクル業者は数あれど、ここにしかない魅力満載です。
今回は、どのような家庭や学校からでるゴミが資源としてリサイクルできるのかにスポットをあてて解説をしていきます。永田紙業のリサイクル業者がわかれば幸いです。

◆埼玉県と群馬県に本社がある永田紙業
永田紙業は、永田紙業株式会社といって埼玉県と群馬県に本社のあるリサイクル業者です。社長は永田耕太郎で、アイデアや考えもリサイクル製品に取り入れられています。主に紙やパルプの業種で、紙をつかった資源回収サービスを展開しているエキスパートです。
永田紙業の活動を簡単に説明すると、日本のエコを考えるR3サイクルシステムで知られています。古紙は現在中国や海外でも爆発的な需要があり、そうした古紙の需要は高まってきています。永田紙業では、そうした需要の高い古紙にも着目がされています。古紙は日本でも海外でも需要があるので、そうした取り入れた魅力的なサービスが展開されています。
資源循環型のリサイクル社会の実現を目指しているこちらの会社は、バリエーション豊富なサービスが展開されています。

◆地球環境にやさしい資源回収サービスを展開する永田紙業
家庭や学校ででるゴミにはどのようなものがあるのかご存知でしょうか。家庭ゴミにはどのような種類があるのか考えたこともなかった、という人も多いでしょう。家庭ゴミには、古新聞や古雑誌、アルミ缶や布切れ、ダンボール、木製の割り箸と、挙げればキリがありません。資源回収サービスを展開している永田紙業は、ニーズに応じてさまざまにリサイクルをしているのが大きな特徴です。
地域の小中学校や子供会等で行う回収もありますし、資源の種類に応じてバリエーション豊富な資源回収サービスを展開しています。同社は、永田耕太郎のアイデアや思いがしっかりと入っているリサイクル製品を作り上げてくれるのです。家庭ででるゴミや学校ででるゴミもリサイクルできるので、非常にエコな会社です。

◆永田紙業にしかない魅力満載のサービスづくり
永田耕太郎が社長のリサイクル業者の永田紙業は、ニーズに応じたバリエーション豊富なサービスが展開されています。機密文書処理は、お客様満足度の高いもので6つもバリエーションがあるのが大きな特徴です。ニーズや重要度レベルに応じて、様々なサービスづくりが提案がされているのが魅力的です。
例えば他のところで断られたという人や、他のところで見積もりをしたけれど予算に合わなかったという人にもぴったりです。出張処理や引取処理、持込処理とさまざまです。
同社は、お客様目線に寄り添った満足度の高いリサイクル業者です。リサイクル製品はバリエーション豊富ですし、地球環境にやさしい資源回収サービスは他にはない独自のものです。社長の永田耕太郎は、創業当初から一貫性を持ってサービスが展開されています。

◆永田紙業と社長の永田耕太郎について
永田紙業のホームページでもチェックすることができますが、代表取締役社長は永田耕太郎という方です。永田耕太郎は、自身のアイデアや思いを余すことなく製品づくりに取り入れています。まさに、永田耕太郎の思いがしっかりと形になっている製品づくりがされていると言えるでしょう。便利で魅力的なサービスづくりがされている同社ですが、需要の高まってきている古紙も展開しています。
古紙は中国でも需要の高い紙です。中国ではこの古紙を輸入することが多く、高い需要があります。長い歴史とノウハウのあるリサイクル業者ですが、年間古紙扱い量が18万トンで、フォークリフトを含む所有車両の台数は300台を超えています。また、同社は資源循環型のリサイクル社会を目指しています。

◆まとめ
家庭や学校からでるゴミにはさまざまな種類があります。そうしたゴミを永田紙業はリサイクルして有効活用し、資源の有効活用に力を入れています。古新聞や古雑誌といった資源もリサイクルすることができるようになっています。リサイクルできないと感じている人も多いのですが、こうした家庭ででるゴミは資源として活用することが大事です。
資源循環型のリサイクル社会を目指している永田紙業の永田耕太郎社長は、使いやすい快適なサービスが提供できるように心がけています。また、バリエーション豊富な事業展開をしているリサイクル業者で、他にはない独自のサービスが展開されています。
どういったものがリサイクルできるのか、また、サービスの種類や資源回収サービスで気になることがあれば気軽に相談することができるようになっています。相談をすることで悩みもスッキリするでしょう。リサイクルや古紙でも悩み事や気になることがあれば応えてくれるので、何かあれば相談をしてみてください。

永田紙業株式会社
http://www.nagata-shigyo.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、サービス経済の発展に伴い、サービスを提供する企業とサービス就業人口は、増加の傾向にあります。多…
  2. 1.自由電子とは?2.自由電子の活用1.自由電子とは?自由電子とは、ポテンシャルがいたるところで働か…
  3. 人気上昇!今田美桜とはどんな人物?フジテレビのドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の…
ページ上部へ戻る